アクセスカウンタ

つれづれホーマー

プロフィール

ブログ名
つれづれホーマー
ブログ紹介
どうも、ホーマーです。
またしても、長いことお休み。
ちょろちょろとまた書くつもりです。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
いろいろ: ブログの設定が増えててわからん
長いことご無沙汰していたら、ブログの機能がなんか増えていて、どうすりゃいいのかわからんですたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/04/10 00:12
映画: ガス・ヴァン・サント 「ジェリー」
前から気になっていたのだが、とうとう借りてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/10 00:10
映画: 「魅せられて」
ちょっと古いが、CATVでやっていたので、観た。 観終わってみると、いい映画。 日差しが強くて乾燥して、そして開放的な、 ちょっと自然に返っちゃっている様なイタリアで、 少女から大人に変わる時期を過ごすアメリカ娘。 危なっかしいようで、でも意外としっかりと見極めながら、 階段を登っていく感じ。 リブ・タイラーのデビュー作ですね。 なんだろ、彼女はともかく、登場人物たちが、 ところどころ、日本人のおいらには理解不能な言動をする。 「お前らただの動物だな」と思ったり、 「これは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/29 23:06
本: 「このミステリーがすごい!」
年末である。 あー、この前まで暑かったのにー。もう師走ではないかっ! ボーナスも出ちゃったし、忘年会が始まったし、ひー。 年明けに誕生日が来るおいらにとって、12月は色々な意味で感慨深く、せわしないのだ。 あー、やばいよ、やばい。また年食っちゃうよー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/11 23:45
映画: 「SAW」
2004年、アメリカ映画。 James Wan監督。主演も努めたLeigh Whannell との共同脚本らしい。 2人とも若い。32歳。 そして2人ともオーストラリア出身(Wan監督は在住ということかな?)。 なかなか新進気鋭な2人なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/07 02:16
映画: 「オーシャンズ12」
2004年アメリカ映画。ソダーバーグ監督作品。 ゴージャスな俳優陣で話題になった「オーシャンズ11」の続編。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/07 02:00
映画: 「ザ・インタープリター」
実は、ちょっと前に観たんだ、これ。 この前、「チャーリーとチョコレート工場」を観たら、余韻がすごくて、 以来、映画もDVDも観れなくなってしまった。 いまだに思い出しては涙ぐんでいるおいら。 いやー、久々の余韻大ヒット作です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/24 00:26
本: 重松 清 「ビタミンF」
「流星ワゴン」が結構良かったので、「見張り塔から、ずっと」「ビタミンF」を読んでみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/10/24 00:09
映画: 「チャーリーとチョコレート工場」
泣けた。 そんなつもりはなかったのに、何だか泣けてしまった。 途中、あまりにベタな演出に「やばい、ちょっとついて行くの大変かも」と思ったシーンもあったのに、 でも観終わったとき、泣けてしまった。(今も思い出すと泣ける) これは、家族への痛いほどの愛の話だと思った。 ある意味子供のままで、大人への反発、大人になることへの反発を持って生きてきた人間が 中年にさしかかって、家族の意味を再確認する、そんな話に思えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/19 02:34
映画: 「コントロール」
2004年アメリカ映画。 ティム・ハンター監督。  レイ・リオッタ、ウィレム・デフォー、ミシェル・ロドリゲス。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/16 00:31
映画: 「sin city」
今日、観てきた。 いやー、R-15ってなってるのは知っていたけど、かなりバイオレンス度高くて吃驚。 ほとんど全編殺戮。 多少気を抜けるシーンがあるかと思いきや、ほとんど無く、ずっと緊張を強いられて、かなり疲れた。 ロドリゲス監督ってこんなだったっけ? いや、バイオレンスはそうだけど、それと並行しておとぼけな面も強かったはずだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/16 00:08
本: 重松 清 「流星ワゴン」
前から気になっていた作家だが、ようやく読んだ。 なかなかいい話。 割と平易な文章で、淡々としている。 話の運び方は、焦りが無くて、ゆっくりとじわじわとひたひたと進んでいく。 時間をかけて、主人公と一緒に、徐々に気持ちを整理していけて、 呼んでいる間心地よかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/13 02:15
つれづれ: なんか忙しかったのか・・・も・・・
すっかり、ブログが滞った。 何があったというわけでもなく、何かバタバタしていたようだ。 自分のページに久々に来てみたら、そう、10月は一本も書いていないのか。 うーむ。 ということで、復活してみるのであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/13 02:10
映画: 「デボラ・ウィンガーを探して」
2002年、アメリカ映画。 ロザンナ・アークエット監督のドキュメンタリー映画。 ・・というか、インタビュー映画かな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/02 02:12
映画: 「コンフェッション」
2002年、アメリカ映画。 ジョージ・クルニー初監督作品。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/02 01:54
映画: 「ブロンドと柩の謎」 キルスティン・ダンストは美人か否か
2001年、アメリカ映画。 実話を題材に、フィクションを加えた話。 1924年、新聞王WLハーストのヨットで、一人のハリウッド映画関係者が亡くなった。 ヨットにはチャップリンを含む著名人が14名乗っていたが、誰も口を閉ざし、何があったのか、本当の死因は何かは謎のまま。実はハーストの愛人をめぐる人間模様があり・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/26 01:44
映画: 「コンスタンティン」
2005年、アメリカ映画。主演、キアヌ・リーブス。レイチェル・ワイズ。フランシス・ローレンス監督。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/09/24 03:43
本: 黒川博行 「切断」
BOOKOFFで105円だったので、中嶋博行の「検察捜査」という小説を買った。 題40回江戸川乱歩賞受賞作。 ところが。 いまいち登場人物に感情移入できない。 事件の始まりは興味深いし、きっと、これから面白くなるんだろうが、 なーんか、登場人物のキャラクタ設定がうそ臭く、説明がうざい。 (作者の人、すんません) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/22 01:32
映画: 「亀も空を飛ぶ」
2004年、イラク、イラン合作。監督・脚本・製作:バフマン・ゴバディ。 舞台は2003年春、アメリカ軍侵攻直前のイラク北部クルディスタン地方の小さな村。 紛争が止まる事が無く、地雷に囲まれた地で、逞しく生きる子供達の様子と辛い現実を重ねて描く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/22 01:18
マンガ: 「MONSTER」 読了
とうとう、我慢できずに大人なおいらは新品を購入してしまった。 そして、一気に18巻まで読了・・・。 うおー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/22 00:41

続きを見る

トップへ

月別リンク

つれづれホーマー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる